ロゴ
モデルルーム
資料請求
セミナー

リノベーション

#032

ラフに楽しむナチュラル北欧

見せる収納で、ラフな暮らしを楽しむお家

仙台市若林区大和町4-2-17
ライオンズマンション大和町四丁目1008号室

以前の間取りは、キッチンがリビング・ダイニングとは別の空間に独立して存在していたり、個室が小さく使い勝手が悪かったり、ひとつひとつの空間が小さく、閉塞感を感じるようなお部屋でした。そこでリフォルコ.では、水回りの位置を見直し、配置を変えてスペースを作ることで、リノベーション後も3LDKの間取りを維持しながらも、明るく開放的な空間をご提案いたしました。

10階に位置する、見晴らしの良いこちらのお家。眺めの良いところでお食事を楽しめるように、独立していたキッチンの壁と、もともと個室だったお部屋を取り壊して、広がりのあるLDK空間にしました。

作ったお料理をすぐにダイニングに運べるよう、キッチンは壁付けにして動線をスムーズにしました。キッチンの壁にはタイルを不均一に並べ、やさしく可愛らしい雰囲気に。ダイニングの窓辺には無印のステンレス食器棚を設置。ステンレスのシェルフがスマートに、見せる収納を楽しませてくれます。

見せる収納はダイニングだけではなく、個室にも多く取り入れました。開けたり締めたりする動作もなくスムーズに動くことができるラフさが、見せる収納の良さの一つです。肩の力を抜いて、毎日をもっと楽しみたいあなたにぴったりです。


≫≫REFORCO.おすすめインテリア


【ウォラート/ louis poulsen】
ヴィルヘルム・ウォラートが1959年に制作した『ウォラート』は、ミッド・センチュリーの名作です。なめらかな曲線と三層吹きガラスを吹き付けたシェードは、ダイニングをあかるく照らすだけではなく、消灯時でも美しく上品なシルエットを残します。

【ステンレスユニットシェルフ/ 無印良品】
ステンレスの銀色がキラキラと輝く、清潔感溢れる無印良品のユニットシェルフは、ダイニングキッチンにぴったりです。棚の大きさ(段)を自分で調節することができるので、デッドスペースを作らず上手に収納することができます。汚れてもお手入れをしやすいところもポイントです。

【H55/ Artek】
ダイニングの窓辺に使用したカーテンは、アルテックの『H55』です。H55はアルヴァ・アアルトの後妻であるエリッサ・アアルトが1955年にデザインしたパターン。規則的にデザインされている『H』の文字は、よく見るとそれぞれが微妙に違った形をしています。ひとつひとつに表情を感じられる、モダンでありながら温かな印象を与えられる、アアルトらしい作品です。


以前の間取りは、キッチンがリビング・ダイニングとは別の空間に独立して存在していたり、個室が小さく使い勝手が悪かったり、ひとつひとつの空間が小さく、閉塞感を感じるようなお部屋でした。そこでリフォルコ.では、水回りの位置を見直し、配置を変えてスペースを作ることで、リノベーション後も3LDKの間取りを維持しながらも、明るく開放的な空間をご提案いたしました。

10階に位置する、見晴らしの良いこちらのお家。眺めの良いところでお食事を楽しめるように、独立していたキッチンの壁と、もともと個室だったお部屋を取り壊して、広がりのあるLDK空間にしました。

作ったお料理をすぐにダイニングに運べるよう、キッチンは壁付けにして動線をスムーズにしました。キッチンの壁にはタイルを不均一に並べ、やさしく可愛らしい雰囲気に。ダイニングの窓辺には無印のステンレス食器棚を設置。ステンレスのシェルフがスマートに、見せる収納を楽しませてくれます。

見せる収納はダイニングだけではなく、個室にも多く取り入れました。開けたり締めたりする動作もなくスムーズに動くことができるラフさが、見せる収納の良さの一つです。肩の力を抜いて、毎日をもっと楽しみたいあなたにぴったりです。


≫≫REFORCO.おすすめインテリア


【ウォラート/ louis poulsen】
ヴィルヘルム・ウォラートが1959年に制作した『ウォラート』は、ミッド・センチュリーの名作です。なめらかな曲線と三層吹きガラスを吹き付けたシェードは、ダイニングをあかるく照らすだけではなく、消灯時でも美しく上品なシルエットを残します。

【ステンレスユニットシェルフ/ 無印良品】
ステンレスの銀色がキラキラと輝く、清潔感溢れる無印良品のユニットシェルフは、ダイニングキッチンにぴったりです。棚の大きさ(段)を自分で調節することができるので、デッドスペースを作らず上手に収納することができます。汚れてもお手入れをしやすいところもポイントです。

【H55/ Artek】
ダイニングの窓辺に使用したカーテンは、アルテックの『H55』です。H55はアルヴァ・アアルトの後妻であるエリッサ・アアルトが1955年にデザインしたパターン。規則的にデザインされている『H』の文字は、よく見るとそれぞれが微妙に違った形をしています。ひとつひとつに表情を感じられる、モダンでありながら温かな印象を与えられる、アアルトらしい作品です。


リノベーション

#032

ラフに楽しむナチュラル北欧

見せる収納で、ラフな暮らしを楽しむお家

仙台市若林区大和町4-2-17
ライオンズマンション大和町四丁目1008号室

●面積/66.96㎡
●間取/[Before]3LDK→[After]3LDK
●構造/SRC
●築年数/築25年
●施工年/2017年8月

施工例TOPに戻る
よくある質問
リフォルコ.スタッフ
モデルルーム
メディア掲載情報